風俗営業(風営)許可申請全国マップでは全国の顔が見える風営許可(バー、ラウンジ、キャバクラの開業、深夜種類提供飲食店営業等)の専門家(行政書士)をご紹介しています。

風俗営業(風営許可)全国マップ » ラウンジを開店したい方へ » スナック、キャバクラ、ラウンジの開業はどうするの?

ラウンジを開店したい方へ

スナック、キャバクラ、ラウンジの開業はどうするの?

スナック、キャバクラ、クラブ、ホストクラブ、ラウンジは、接待飲食等営業(風俗営業)2号営業に該当します。

スナックを開業するには、次の二種類の許可が必要です。

  1. 飲食店営業(一般食堂)・・・保健所
  2. 接待飲食等営業(風俗営業)2号営業・・・公安委員会

許可申請上の注意

上記2の接待飲食等営業には、保護施設(学校や病院など)との距離制限や条例で定められた地域制限があります。店舗を決める際には、地域調査を十分行ってください。

接待飲食等営業って?

接待とは、通常、お客さんの近くに座り、話し相手になったり、お酒をつくったりすることを指しますが、次のような場合も接待にあたります。

○接待にあたる ×接待にあたらない

接待 具体例
営業者やその雇用している者以外の者が接待する場合。(例えば、旅館・ホテル等でバンケットクラブのホステスが接待する場合。)
営業者と黙示の契約・了解のもとに、お客さんを装った者が接待する場合。
同性による接待。
× お酌をしたり、お酒をつくったりするが、若干の世間話をする程度でその場を立ち去る場合。
× カウンター内で、お客さんの注文に応じ酒類等を提供するだけの場合。
カウンター内で、特定のお客さんと継続して談笑したり、歌うことを勧奨したりする場合。
特定少数のお客さんと、一緒に歌ったり、手拍子をとり拍手をする場合。
× 不特定多数のお客さんに対し、歌うことを勧奨する場合。
× 不特定のお客さんからカラオケの準備を依頼される場合。
お客さんとともに、遊戯、ゲーム、競技等を行う場合。
お客さん一人で又はお客さん同士に、遊戯、ゲーム、競技等を行わせる場合。
特定少数のお客さんに対し、客室でダンス、ショー等を見せ・聞かせる場合。
× ホテルでディナーショーを行う場合。

上記コンテンツに関しては行政書士法人WITHNESSの監修のもと作成しております。

当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。また、各種手続き依頼の契約は各行政書士事務所とお客様の契約であり、そこから生じたトラブル・損害に関して弊社が責任を負うものではございません。予めご了承下さい。





サービスのご案内

安く済ませたい方へ許可申請マニュアル

図面だけ作成!図面作成プラン

専門家が完全代行おまかせプラン

風俗営業(風営許可)全国マップサービス案内

お申し込み特典「公的融資実践レポート」


専門家PICKUP

行政書士法人LINX

大橋 宏一朗
行政書士法人LINX
(大田区)

行政書士法人LINXの詳細を見る



風俗営業(風営許可)の専門家の皆様へ

風俗営業(風営許可)全国マップに登録しませんか?各地域3名限定!随時募集中!


風俗営業許可申請全国マップが新しくなりました!より使いやすく、より便利に!これからも当マップをよろしくお願いします! 2009.06.16